img_02

注文住宅の打ち合わせ

注文住宅は自分の思いを設計図に取り入れ自由な家づくりを行う事が出来る建築手法です。


但し、住宅を作るためには予算が有りますので、その予算の中で賄える設計をしていく必要があるのです。



注文住宅は建売住宅と比べると高いと言ったイメージを持つ人も多いものですが、拘りをどれだけ取り入れるのかにもよりコストは変わってきますので、一概に建売住宅よりも高いとは言い切れないのです。

どうしても浴室だけは拘りたいのでグレードの高い製品を使いたいと言う事であれば、特別拘らない部分には安い設備や建材を使って家づくりを行う事で満足できる家を作り出すことが出来るのです。



注文住宅は満足できる家をつくりあげるために工務店やハウスメーカーの担当者との打ち合わせを頻繁に行って行くことになります。



また、打ち合わせは工務店やハウスメーカーの事務所で行う事になりますので、あまり遠方の会社を選んでしまうと通うのが大変になりますので注意が必要なのです。

建材や色を選ぶ時などはサンプル品などを利用して決める事になりますが、サンプル品は小さなものですので、それを住宅に採用した時のイメージと異なるのが特徴で、住宅展示場などに出向いてみる目を養っておくことがお勧めなのです。

住宅展示場に在る住宅はどれも大きな作りになっているのが特徴ですが、色合いが気に入った時などはその色の番号などを住宅展示場のスタッフに聞いておくことで自分の家にも同じ色を使う事が可能になるのです。